空調設備工事


空調機の搬入

ダクト工事

配管工事

冷媒管の溶接

機器設置個所の基礎工事

機器の撤去



 空気の温度に湿度・風圧・流量浄化等、室内空気環境を調整する為の設備を一般的には空調設備と呼んでいます。建物の高層化・気密化が進むに連れて、需要が高まりつつある設備です。特に弊社のお客様は研究所や工場・病院等が主となっており、業務用エアコンや実験室のドラフト、クリーンルームの空調といった繊細で精密さが求められるものを多く扱っております。

 

作業工程は様々な項目に分けられます。例として主に挙げられるのは、ダクト敷設工事・保温やメンテナンス・老朽化した際の解体・撤去・冷媒配管工事・フィルターリーク測定気密試験・試運転・足場組立と解体等です。

 

 室内で快適に過ごしていただく為には、清潔な空気を適切な温度・湿度で、気密性を保持しながら送り出さなければなりません。しかし作業の過程には、高所での作業や特殊な機器の使用・図面の読解や作成に正確な寸法の測定と調整も含まれます。知識も必要ですし、工事全体を俯瞰する監督者(現場代理人)も不可欠です。さらに安全確認を怠れば怪我や手違えも十分に起こりえるので、専門外の方でも容易にできる作業ではありません。工事の期間も月単位でかかることが多いです。

 

 弊社では創業以来35年以上に渡り、それぞれの作業の専門スキルを持ったスタッフが一致団結し、責任をもってこの重要な工事を承っております。自社社員以外にも経験豊富で高い技術を持った協力業者がおりますので、大規模な現場での実績も多数ございます。お困りの際はお気軽にお問い合わせください!